広告百聞  広告とデザインをランダムにキャッチして素人目線で考える、そして色々なんか言うblog






プロフィール

kana

Author:kana
春から新社会人!
がんばるぞぉ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


URL in CM 
CMの中で、企業や商品のホームページのURLを載せて誘導する場合が増え、今ではおおくのCMでURLを見るけれど、それぞれで載せ方に違いがあって観察するとちょっと面白いと思います。

どれだけ誘導する目的が強いかによっても違うと思いますが、字の大きさや配置、タイミングなどに工夫があったりなかったりして、「見せる能力」の優劣が分かりやすい要素になっていると思います。

私が一番いいなと思ったのは、nikebukatsu.com映像の上に途中からぼわっと浮き出るので、左下で小さい字でも自然に目が行きます。(それにしてもHPシンプルだけど凝っている)

そんなによく観察しているわけではないので中途半端ですが、効果的なURLの入れ方として、
一つには、「http://」を入れない。これは、それがURLだと知らせるマークにはなりますが、それを眼に入れているうちに表示が消えて肝心な部分を確認できない。
それから、他の映像などとのズレを作る。違うレイヤーに載せてバックの映像から浮かせたり、タイミングをずらせたりして単独の存在にしてあげる。(専門的な表現が分からないので言葉が合ってないと思いますが)
あと、ひとつのCMで2回URLを載せる。これはヴィッツのCMで実際にそうやっているのを見ました。初めに無地バック上に車の名前等といっしょに小さく載せて、その後の映像が流れる途中に再び下に小さく載せる。
とか、いろんな方法があるようです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://advictim.blog32.fc2.com/tb.php/25-fa1729f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。